戻る
■ コピペサイト『2CHREAD.COM』 2018. 4.15

 巨大掲示板かと思いきや、ドメイン名でググると、『中国の無料小説サイト』だった。New3DSブラウザからでは閲覧不可なようなので、Googleにあるキャッシュからたどる。すると、日本語のサイトであり、小説を多数掲載している。しかし、作者名がないという不思議なサイト、つまり、『無断転載』サイトである。
 ドメインを調べる。(一部)
Domain Name: 2CHREAD.COM
Registry Domain ID: 2194822253_DOMAIN_COM-VRSN
Registrar WHOIS Server: whois.namesilo.com
Registrar URL: http://www.namesilo.com
Updated Date: 2017-12-03T11:56:46Z
Creation Date: 2017-12-02T05:30:06Z
Registry Expiry Date: 2018-12-02T05:30:06Z
Registrar: NameSilo, LLC
Registrar IANA ID: 1479
Registrar Abuse Contact Email: abuse@namesilo.com
Registrar Abuse Contact Phone: +1.4805240066
Domain Status: clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited
Name Server: MEGAN.NS.CLOUDFLARE.COM
Name Server: SEAN.NS.CLOUDFLARE.COM
DNSSEC: unsigned
URL of the ICANN Whois Inaccuracy Complaint Form: https://www.icann.org/wicf/
>>> Last update of whois database: 2018-04-13T14:41:22Z <<<

 これ外国のレンタルサーバで、その運営会社である。サイトの運営者はこれではわからない。勝手にコピペされているぞと、レンタルサーバ会社にメールを送っても、言葉の壁(英語)と果たしてこの会社がキチンと対応するかである。
 小説家のなろうの運営者はこの無断コピペサイトは把握しているかである。勝手に転載されていれば、運営者にURLをつけて問い合わせして見ると良いだろう。ただし、小説家なろう運営者が適切に対処する保障は、私には分からない。

 関連して、販売されている漫画も、無断コピペしてサイトがニュースになっている。これも外国のサイトである。サイト利用者はタダだからいいと言うだろう。著作権や倫理の問題以上に、誰も公開することがなくなる。ゆえに、文化の潰滅になる。潰れたものを戻すにはかなりの時間と労力、カネが必要である。タダの代償ははかり知れなく大きい。