戻る
■ 【東芝】J−3100GT2017. 9.15

製造 1987年7月 東芝 日本製
CPU i80286 8MHz
メインメモリ   1メガバイト
ハードディスク 20メガバイト
フロッピディスクドライブ 1基(2HD/2DD)
電源 AC100V 150W
ディスプレイ プラズマディスプレイ
システム MS−DOS,3.10
日本語変換 ATOK6標準装備
当時の価格 ¥498,000−
 会社の電算室にあったデータ変換装置に使われていたパソコン。同じ機種が、ヤフオクで出品されていた15年前、5000円で落としました。

 MS−DOSのシステムと、漢字変換ATOK6と、ゲームのようなものと、ブザーを使って音楽を鳴らすソフトウェアのみでした。
 これに、機種対応のテキストエディタ(SE3)とファイル管理ソフトウェアを入れて、ポメラを買うまで、長文テキストの編集に使っていました。
 電源入るかなと、投入すると動きました。ただし、時計や設定情報を保持するための電池が切れているため、電源を入れるたびに、手動で日付設定するように、バッチファイルに書き込んでいます。
 キーボードは軽くて、両手親指だけしか使えなくなった今でも、一時間程度連続入力しても大丈夫です。

 今のところ全て正常です。