戻る
■ 【剰余計算】N進数変換2018. 5. 7

http://nanzocamera1.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-696a.html

10進数の数値を任意の進数(進法)に変換する。関数電卓では、2,8,16,60進数変換が一般的。シャープ関数電卓には5進数変換が備わった機種がある。
 余り(剰余)計算できる電卓があれば、N進数変換も可能である。
 なお、10進数を超える変換であまりが10以上になるときは、A,B,C・・・などと読み替える。