危うく支えたその体で、  凍える虎は天を望む。  凍える虎は金の鉄格子の中に、  金色の鋼鉄の鎖に繋がれて、  自由を求める。  持てる力をふりしぼり、  空しく爪を立て、牙を立て、  足首には血が滲み、  太く鋭い牙、磨ぎ澄まされた爪は欠け、  凍える虎は空しく吠える。  凍える虎は横たわり、  輝ける目は光を失い、    金色の鋼鉄の鎖に繋がれて、  魂を失い、力を失い、  凍える虎は目を閉じる。  凍りついた魂は天に昇り、  そしていつか、このような小説が必要なくなることを心から願います。