« 【プログラム】日本語版プログラム電卓を考えてみる。 | メイン | 【カシオ関数電卓】テストモード »

2011-11-30

【電卓】Best of Dentaku 2011

 今年(平成23年)発表した電卓から、独断と偏見で選んだ電卓を《ベストオブ電卓2011》として発表したい。

2011-11-30 15:12:41

 今回選んだのは、カシオ ツイン液晶電卓ミエミエくん(写真はJV-220W-N)、シャープ 関数電卓 EL-501J の2機種である。

■カシオ ツイン液晶電卓 ミエミエくん

2011-11-30 15:16:56

 写真はJV-220W-Nを挙げた。オープン価格、電器店で2480円で購入した。他に、デスクタイプDV-220W-N ミニジャストタイプMV-220-Wの3機種が販売されている。特徴はカシオのウェブサイトから引用すると、

ミエミエくん.jpg

液晶表示を2つ設けている点である。過去複数行の液晶・蛍光管表示、デジタル時計をつけて液晶表示を2つは見た。小さいサブディスプレイをつけて、計算、税額表示、検算、億万表示をできるようにした点が新しい。
 その働きからメモリの内容を見える化したものだ。ゆえにM+ M- MR MCのメモリ操作キーがない。」「」がその代わりとなる。メモリ内容を表示するのはあったが、計算までできる点が秀逸検算の用途に大いに活躍できそうだ。
 億万表示キヤノン電卓のお家芸。カシオがつけるのは過去、キヤノンが昭和50年代に《千万単位》の電卓が好評を得てから出して以来。機能はキヤノンのそれと若干相違している。
【相違点】
1)億万キーを押下時の動作。
 キヤノン 億 1oooooooo  万 1oooo
 カシオ  無反応 数字を入れてから押す。
2)億万キーを数字を入れてから複数回押した後の動作。
 キヤノン 万を2回押すと、0が8個表示。 億万を押すとオーバーフロー。
 カシオ  整数は1回のみ有効。小数点キーを押した後はキヤノンと同じ動作。

■シャープ 関数電卓 ピタゴラス EL-501J

2011-11-30 15:16:56

 シャープの低価格帯関数電卓EL-501Eのマイナーチェンジモデルとは思えないスマートカード様のデザイン、EL-509Jにおいては、ブラック・オレンジ・グリーンと3色から選べる。久々の目のつけどころがシャープな電卓を出した。
 紹介する電卓は電器店で980円で購入できるモデル。黒光りで高級感を出し、キーも押しやすい。2進数、8進数、16進数変換はシャープのモデルが手軽。入力方式は数式通り入力とは違い、従来どおり。68関数・機能でも十分使用に耐えられ、かっこ良い。低価格でここまでするかというサービス精神をたたえたい。