2014-02-12

【冬季五輪】4位から8位までの入賞範囲の表現

 ソチ冬季五輪。選手の競技人生と国の威信を賭けて、熱戦が繰り広げられいます。
 競技は、勝負の世界。勝ちの順番ではれの表彰式で祝福を受けます
 五輪競技のニュース、競技実況放送を避けているのは、乱発する《メダル》
 期待の金メダル。金メダル候補。メダルへの道。メダルの色など、耳にタコができるほど、メダルを連呼に、もううんざり。

Medal

 例えば、僅差で4位入賞に終わった場合【写真:NHK 平成260212】、メディアの伝えかたは、《メタルを逃す》と大きく書き立てます。残念ながら表彰台は遠かったものの、五輪は、8位以内に入ると《入賞》つまり、表彰されるので、○位入賞の題字にして、選手の表彰台には及ばなかった悔しい雪辱などと言う記事にすれば、メダル逃した、ダメな選手という、メディアの《印象操作》が排除出来ます。

 メダルは参加した選手はみんな狙っています。勝負の宿命である以上、誰かが笑って、誰かが泣く。入賞でも立派な成果です。同じ4位でも《4位入賞》と《メタルを逃す》。がんばれニッポンならば、どちらの題字で伝えるのが、ふさわしいか、連日メダルを連呼する、メディアは考えて欲しいものです。