2009-06-04

天安門事件から20年。中国政府が必死に隠しても。

 天安門事件から20年。時間が流れるのは早い。

 編集委員の一人に、昭和63年のはじめから、中国紹介の雑誌で、北京の月壇中学校日本語教育の記事で日本の人と文通したいとの記載が縁で中国人の学生と文通をしていた人がいます。何度か手紙のやりとりが続きましたが、天安門事件後にぷっつり途絶えたと話してくれました。

 共産党一党独裁の国で、西側の有毒思想が入るのに神経をとがらせ、草の根から中国共産党一党独裁反対運動を起こされるをおそれて《国策》でやられたのでしょうか。その編集委員は、社会主義・資本主義の対立などわかるような年齢ではなかったのですが、やはり西側の一員の日本には警戒の目を向けていたと思えてしようがありません。

 中国国内で共産党一党独裁の是非、民主化の推進は、中国人民が決めることであるにせよ、デモ隊に戦車突入はやりすぎだと当時の映像をみると感じます。当日どんなに隠しても、NHKニュースの天安門事件の話題を真っ黒にしても、最初からなかったフリをしても、どこかで露見してしまいます。事実香港では盛んに《六四》をキーワードに事件を振り返ろうといううねりが強いと伝えています。

 政府が今さら「人民に戦車突入して、発砲しのは、行き過ぎでした」とはいえない。もし、口を滑らせたら、共産党は権力の座から引きずりおろされ、かつてのルーマニアの共産党政権崩壊につながります。独裁者の銃殺場面強烈でした。

 中国での政権(王朝)は下から突き上げられて新しい政権に代わるという《易姓革命》を繰り返している歴史です。かつての流れを踏めば現在の共産党政権(王朝)から次の王朝に取って代わる運命がくることは間違いはありませんが、常におそれているんでしょう。王朝は創業より守成がいかに大切か。あのとき共産党王朝は抑え込めなかったら民主化というそれで、終焉を迎えていたことでしょう。

 いつまで抑え込むことができるか、独裁を続けられるか、今後も一衣帯水の隣人に目が離せません。

《註》日刊NANZO 平成21年6月4日の記事をざっくばらんな口語体から一部手直しをして再編集しました。

2009-05-12

韓国民へSea of Japan(日本海)は国際的に認められている。

※日刊NANZOより
http://plaza.rakuten.co.jp/nikkannaozo/diary/200905120003/

  ネット配信ニュースで、《韓国の教授が日本海の表現はおかしい、歴史捏造だ》等とにぎやかになっているようで、日本嫌いな韓国のみなさんは、ネットで熱狂的に支持していることと思われる。残念ながら韓国語は漢字使用率が極度に落ちて、拾い読みができなくなったので、韓国のウェブサイトを見てもよくわからない。

 では、この教授は、《韓国海》か《朝鮮海》と提案しているのかと思えば、《東海(トンヘ)》である。なるほど、韓国の東の海ですね。

 日本海はおかしい、歴史認識がどうだ、日本は捏造していると、韓国民を熱狂させているなのに、ネーミングはそれである。実に紛らわしい。中国では、《東シナ海》を《東海》と表記しているので、韓国の主張が通れば、中国の地図は、東シナ海も、日本海も、《東海》と表現しなくてはならない。

 国際的には、Sea of Japan=日本海で通っているので、East Seaにされた場合わからないので、Sea of Koreaにしたい魂胆は見え見え。

 

竹島も、昔から韓国のものだと、《独島》と名付けて、勝手に上がり込んで、灯台建造、地面には太極旗がペイントされている。領海の確保と、水産資源が豊富な海域ということで、カネがうなっている。昔から韓国のものだったと主張、独り占めしようする姿が伺える。

 これが何の価値がなければ、見向きもしなかったはずである。尖閣諸島もしかり、海底に資源があるという話が出た途端、中国・台湾が領有権を主張し始めた要は、利権がすべてである。独り占めしておいしい思いをしたいわけだ。

 韓国の場合、国の一致団結のために、つまり批判の矛先が為政者に向かないように、《独島は韓国の領土です》《日本海はおかしい、東海であるべきだ》というスローガンで、国民を利用しているのではというきらいがある。

 いつまでも島、海の名前で、主張していがみ合っても、未来の日韓関係がよい訳はない。国際司法裁判所に訴え出て、双方白黒つけて解決することはできないのか。伝え聞くところによれば、韓国側が出たがらないそうだ。事実であるならば、もし負けたら政権が維持できないという、どうでもよいプライドがなせる技なのか。早々に決着してもらいたい。

2009-04-06

振り回したのは日本政府とマスコミ〜北朝鮮のテポドン発射

 写真は4月6日NHKニュースウォッチより。

 4月4、5日両日は、北朝鮮テポドン一色。たかがミサイル一発でこんなに騒動したのもかつてない。おまけにミサイル発射は《誤探知》でした。国民に防衛省の活躍と有事はやっぱり自衛隊と、将来の《普通の国のように軍隊を持つ》ために邪魔な憲法9条をぶっ飛ばす、いい《政治ショー》になるはずが、失態。今頃何人の防衛省のお役人は左遷されていることだろう。日本は危機管理がなっとらん国だという事実を世界中にばらまいて終わったようです。

 北朝鮮もミサイル打ち上げて国威発揚したかった訳で衛星が軌道に乗らなくても無事に飛ばせればすべてよし。(万が一失敗して日本国内に命中したら、国がTHE ENDになるのは北朝鮮もアホではないので分かっているはず)お互いに政治ショー合戦。ただし、この勝負は北の将軍サマにあがったようです。

 ところで、このミサイル打ち上げ騒動。国民を振り回したのは誰でしょうか。政府は《着弾の危険性なし。冷静に対処を》と呼びかけていたことはご記憶だろうか。なのにメディアだけが騒ぎまくる。半ばお祭り状態でした。今にも北朝鮮とミサイル戦争が始まるのかと思える熱のいれようでした。刺激的な演出→視聴率が上がるの短絡的な思考で自衛隊の隊伍を追いかけまわして、最悪のシナリオを期待でもしていたのでしょうか。

 この出来事。為政者が国民を思い通りに制御するには、《メディアをうまく、危機を煽らせれば》うまくいくことを改めて見せつけられた気がします。今回はメディアだけが空回りして国民は極めて冷静だったので、パニックには至らず済みました。日本のメディアのやることには十分注意しましょう。北朝鮮よりも脅威になる可能性もありますよ。