2012-08-09

【長崎原爆忌】遺す広島、壊す長崎。

 長崎への原爆投下から平成24年で67年を迎えた。被爆者の高齢化が進み、若い世代への被爆体験の伝承が重要になっている。

 被爆者の体験と等しく原爆の事実を伝える手段として《被爆遺構》が物語る。保存されそれを歴史の事実として語り継げる。

 広島と長崎、2都市の被爆地。大きく違う点がある。広島には被爆当時の遺構がかなり残っている。原水禁大会などに参加して広島を訪れ、市内の被爆遺構巡りに参加したさいに気づいた。世界遺産になった《原爆ドーム》など当時を物語るものが残っている。

 一方、長崎はどうであろうか。残っているのは、山王神社の被爆クスノキ、一本足鳥居、浦上天主堂の飛ばされた鐘楼など数えるほどである。
 救護所として使われた新興善小学校校舎、爆心地に近い山里小学校校舎も老朽化を理由に取り壊された。先日、平和公園のエスカレータ工事で見つかった当時の防空濠も一部を壊して建設された。

 遺す広島、壊す長崎と例えてよい。ものがあるのとないのでは伝え方も伝わり方も違う。忌まわしい記憶を消してしまう、平地が少ない都市の事情もあると思われる。

 爆心地に近い、城山小学校が文化庁より《文化財》として認定し、保存していく方針が示された。仮に何の動きもなければ、老朽化を理由に取り壊されたおそれもあった。文化財認定し保存して長崎の歴史の証人として後世に遺して欲しい。

 ものが有無、すべてか一部かの違いは、歴史を伝え方伝わり方にも捉え方が変わってくる。教会群の世界遺産申請には力を入れたように、遺された被爆遺構を世界遺産へ登録申請だし永久保存するような運動を起こして、《三度許すまじ原爆》を強くアピールする手段としていこう。長崎市長の英断を期待したい。

2012-06-08

【日付印】平成24年6月8日

 記念押印という趣味。郵趣の一つ。記念日に郵便局の日付印を集める楽しみ。旅行先で行うと思い出もひとしお。大きな郵便局、観光地の郵便局にはオリジナルデザインの日付印もあります。

 マスコミも若い世代も平成に入ってからは西暦が中心。元号より西暦が浸透しているようで、きょう、2・4・6・8が並ぶとピンと来た人はどれだけいたでしょう。
 しっかり日付印をもらってきました。
2468

 切手もしくははがきを購入して押すのが原則。かもめーるに押印してもらいました。眼鏡橋の観光地を巡ってから一番近くの郵便局を訪れ、2・4・6・8と偶数でそろった日付印を得ました。
 数字がそろわなくても、何かの記念日。たとえば誕生日・結婚記念日のプレゼントにきれいな特殊切手を貼って押印などという使い道も喜ばれます。手紙を書く機会が減った現在、日付印と切手をはがきを組み合わせた思い出作りも趣があります。

2012-05-27

【誕生日】とうとう来てしまった・・・。誕生日

 このウェブログ、平成17年 6月25日に開始。書いた記事がこれで882件目。平均2.8日に1件記事を投稿した計算。担当もなんぞねっとから、日刊NANZO編集委員会に移管、今年4月に日本モナコムへと。編集者も変更してきました。
 開始時の社会問題、時事ネタは日刊NANZOへ、趣味・個人的な感じた話題をのんびりと書き綴っています。

 その中できょうはこの写真を。
 Hamachan
【写真】ある赤ちゃんのアルバムより

 本日は、編集担当の藤堂俊介の誕生日。とうとう来てしまった・・・。


 小学生の時はうれしかったですね。

 ついにオジサンになってしまいました。
 振り返ると、

 39年前 幼稚園で弁当が楽しみな日々だった。
 32年前 ドラえもんが楽しみだった。その頃長崎は民放2局体勢。月曜日16:50~ ドラえもんタイムだった。
 28年前 高校生になって、柔道部に入って1か月以上。受け身うまくできなかったな。(´∀`)
 25年前 社会人になって初月給をもらって買った関数電卓と格闘。十代も終わりかとしみじみ・・・・ないない
 24年前 二十歳になった。しかし何も変わらなかった
 17・8年前 お見合い数回。その頃は体重3ケタだったから、太った人嫌い。介護ができないからパス。バイキングに行こうと相手が誘うと、女性の友達いっぱい連れてきて。肝心の相手は風邪ひいたと逃走。等々敗れ去ったのは夢のあと。
 10年前 電話応対に1日100件以上取っていた。今となってはいい思い出。
  9年前 血糖値が異常。ダイエット。しかし2年後派手なリバウンド。
  8年前 長崎~福岡を高速バスで通勤。3日間8000円乗り放題の乗車券ができたのはそのあと。
  1年前 リハビリ専門病院で、曲げられ、のばされ引っ張られ。車いすに乗れるようになりました。

 誕生日のご祝福ありがとうございました。今後ともどうぞごひいきに。そして皆様もいい1年でありますように。