« 【JR九州】浦上駅舎取り壊し工事中 | メイン | 【画像変換】PICTURE TO ASCII CONVERT - PICASCII »

2013-08-17

【計算尺】計算尺が使われている動画


YouTube: Russian Nuclear Aircraft Tu-95 Bear

 戦略爆撃機の代表格はアメリカのB-52、それにロシアのTu-95。Bearとも呼ばれている四発ターボプロップの航空機である。二重反転のプロペラを持ち900km/h以上で飛行できる性能を持つ。

 軍用飛行機のウンチクは詳しいサイトがあるのため割愛させていだく。この動画の中で興味深い場面があった。

Photo

 レーダのような電子機器と地図を見ながら何か細長いものを動かしている。約2秒後に動かしている正体が計算尺だとわかる。

Photo_2

 航法計算等を関数電卓、コンピュータを用いず、計算尺操作している姿は、映画アポロ13でコンピュータの計算結果を技術者たちが計算尺で検算する場面と同様新鮮さを感じる。

 この航空機の動画がいつ撮られたかは不明であるが、操縦席の場面から判断すると現代の航空機のような液晶表示にコンピュータ搭載した最新の洗練した機器は皆無のようで、スイッチとパイロットランプがたくさん並んだボタンが大量に備わっている。1950年代の技術が詰まった運用中の飛行機。偵察機として活躍している間は計算尺は現役であるようだ。

【追記】
航空用のフライトコンピュータのサイトはこちら