« 【Wi-Fi】長崎電気軌道でWi-Fi実サービス開始 | メイン | 【少年事件】長崎幼児誘拐事件から間もなく10年。 »

2013-06-03

【二十三回忌追悼】6月3日はメディアの自戒する日に〜雲仙普賢岳大火砕流災害から22年

 6月3日は、長崎にとって忘れてはいけない日である。平成3年、43人の犠牲を出した雲仙普賢岳大火砕流が起きた。今日で二十三回忌を迎えた。

 犠牲者にはメディア関係者多数。消防団、警察官、タクシー運転手に、著名な火山研究学者。

  平成18年6月3日号長崎新聞1面に毎日掲載されているコラム《水や空》に15年前のメディアの傍若無人ぶりを交えて書いている。再び、一部引用する。

 

《雲仙・普賢岳災害で避難勧告が出ている上木場地区で、在京のテレビ局が避難住民の家に無断で上がり込み、無人カメラの電源に使用している、との話だった。》

   コラムは怒りを覚え関係者の取材をしたと書いている。在京メディアにとっては、刺激的な映像で視聴率を上げるため、無断で上がり込み盗電までする。火事場泥棒な行為は地元新聞に取り上げられた。

  過熱した報道合戦は今も続いている。このような体質は今でも変わっていないように見える。

 

《犠牲になった43人のうち12人は地元の消防団員。電気の無断使用も災害に巻き込んだと一因と言われた。》

 大火砕流が起きた地区は避難勧告が出ていた。当然メディアがそれを撮影しようと立ち入っているため、警備しなければならなかった。と言われてもしかたがない。

 コラムは自戒をこめて《地元紙記者としての生き方を問われる「6・3いのりの日」である。》と結んでいる。犠牲にあったのは、地元以外のメディア関係者も多かった。果たしてこれらの関係者は仲間が犠牲になった6月3日はメディアの伝えかたを振り返ってみているのだろうか。

 何か事件が起きれば蟻のように群がり、一点集中報道をするこれらの集団に22年前にあった出来事は単なる事故で忘れ去られている。少なくとも12人はメディアによって殺されたと言ってもよい。

 このような事を忘れないためにメディアは雲仙・普賢岳災害で何を伝え、何をしたのか。東日本大震災後、復興だ、絆だと印象操作ばかり走っているメディアは、雲仙普賢岳で起こした傍若無人ぶりを何ら反省をしていないのである。
 6月3日は、メディア自らを自戒し襟を正す日として今後も問題提起していきたい。

オヒ!の殿堂3
平成18年6月3日号加筆修正