« 【冬季五輪】4位から8位までの入賞範囲の表現 | メイン | 【カシオ】プログラム関数電卓の言語 »

2014-02-12

【カシオ】RanInt

 この記事作成時点で、現行販売しているカシオ関数電卓に搭載されている関数の一つ。RanInt整数の(疑似)乱数を発生させる。
Ranint0
 関数電卓には、疑似乱数を発生させる関数が備わっている。Ran#(カシオ)またはRND(シャープ)がそれである。
 これは、0以上1未満の疑似乱数を発生させている。整数の乱数を取り出すには、例として、0から9まで発生させたいときは、発生した乱数に10を掛け合わせ、整数部分を取り出す関数などを使う。プログラム言語に整数化:Int等の関数が備わっている。サイコロの場合は、6を掛け合わせて1を足す手順を行う。

 RanInt関数で、サイコロの目を表現するには、
Ranint1

 RanInt#(1,6)を入力して、=または、EXEを押す。これで1~6までの整数の疑似乱数が発生する。
 そのほかの整数を発生したいときは、RanInt#(はじめの整数,おわりの整数)のように入力する。
 正二十面体の乱数サイを、実現するには、RanInt#(1,20)の操作をすればよい。