« 【カシオ関数電卓】メモリリコール(RCL)の仕様の違い | メイン | 【加算器式電卓】シャープ CS-2130 »

2011-01-25

【加算式電卓】帳簿・伝票計算に最適~改訂版加算器式電卓

 加算式(または加算器式)電卓。主にプリンタがついた機種が多い。デスクトップ式で手に入る電卓の例を示す。


【写真】CASIO DS-120TW

 特徴は以前取り上げたので、こちらして欲しい。
 おさらいの意味で、最大の違いをあげる。加減算のキーが一般の電卓と表示と機能も違う。一般的な電卓のキーを挙げる。


【写真】CASIO D-250

  加算機式の加減算は、次のようにする。
 【例題】10+20ー30=0
 10 + 20 + 30 ー

 数字を入力してから加減算を指定する方式。10、20をそれぞれ加えて30を引く。と日本語の記述の加減算ができる。これになれると一般の電卓のような、
10 + 20 ー 30 = の操作がもどかしくなってくる。
 帳簿、伝票のように加減算中心の事務作業には加算器式電卓が都合がよい。数字見て、足すか引くかの作業だからだ。

   そろばんの加減法見取算の例を示す。この方式の電卓で威力を発揮する計算だ。数字を入力してから加減算を決めればよい。機会があれば購入して使って見てもよい。