« 【桃の節句】3月3日を感じる写真 | メイン | 【シャープ】書院一行印字 »

2013-03-03

【電話】指定電話番号着信装置の考案

 

振込め詐欺、還付金詐欺、悪徳商法の勧誘は電話から始まっている傾向がある。例を挙げると、平成25年 3月 2日のNHK長崎のローカルニュースにて、長崎市職員を語った還付金が発生した。(写真)
Photo_3

 ニュースによる手口は、
  1.電話に出ると長崎市職員であると語り、還付金があるから指定された電話番号に電話するように促される。
  2.指定された電話番号にかけると、スーパーのATMに行くように指示される。
  3.ATM操作するように指示され、詐欺犯罪集団の不正取得口座へ送金が完了する。
  4.気づいたときには引き出した後であった。

 高齢者を狙ったこれらの詐欺は、電話番号を何らかの方法で入手して、電話を入れ、相手の心をうまく操る。それだけの能力があれば人のために使ってもらいたい。
 高齢者による詐欺被害は一般加入を電話介している。これを何とか締め出せば、かなりの確率で詐欺犯罪集団の策略をあきらめさせる。NTT提供のナンバーブロック、迷惑電話お断りサービスは、指定電話番号、非通知、表示圏外のみで、詐欺犯罪集団かける電話には全く歯が立たない。
 行政・警察の啓蒙活動、地域・自治会の意思昂揚と住民連携のソフトウェアは非常に重要。しかしこれでもまんまとダマされる。ならば、ハードウェアで強制的に禁止してしまえばよい。
 指定された電話番号を着信拒否を着信可能にするのである。一部の携帯電話、メールでもフィルタを使って望む者からの電話、伝言を得られる。NTTが電話サービスとして始めれば一番。しかし、ナンバーディスプレイを応用して、回線と電話機の間に、指定した番号を着信する装置のみを入れるのも案である。
 装置のイメージをあげる。
Photo_4

 電話番号登録は所定の電話番号カードを書き込み装置に読み込ませ登録する。もちろん装置からもキー操作で登録可能にする。
 カードのは電話番号を手書きで書き込み読み取らせる。例をあげる。
2

 カードは、よく使う電話番号表として見やすい場所に貼付するか、手帳などに挟み活用する。指定された電話番号には着信音は鳴り、それ以外は無視される。
 息子と名乗る詐欺犯罪集団がトバシケータイを使おうが、レンタル電話サービスを使い、架空会社を作ってかけてこようがシャットアウトされる。
 登録された情報を洩れないように管理するように心がけ、地域、行政、警察との連携を密にすれば、電話を使った詐欺は絶滅に向かう。汗水働いて稼いだカネを一攫千金を狙う悪いやつらから身を守る対策の一つを考えた。