« 【長崎バス】路線用から観光用へ | メイン | 【鉄道の日】168号乗車 »

2012-10-10

【関数電卓】シャープ EL-5120

 平成6(1994)年購入。プログラム関数電卓。容量1211バイト。算式通り入力、積分計算、ソルバー計算(数式を入れて試行実験)が備わっている。
 プログラムはBASICをかなり簡略化した仕様。繰り返し計算に便利。現在の後継機は4キロバイトに容量を増やした、EL-5250F-X。

El5120

特長
1)ループ命令FOR~NEXT未搭載。
2) 配列命令DIMはなし。
3)分岐命令LABEL 文字 ~ GOTO 文字または GOSUB 文字 
4)文字処理のためグラフィック命令は省かれている。
5)統計機能の独自命令。
6)関数電卓独自の命令使用可能。整数部、小数部を取り出す命令がある。
分岐命令使用例
LABEL A ※英数字7文字
IF A=0 GOTO A

 プログラムのコマンドはCOMMANDキーから数字選択で入力できる。変数メモリはA~Z、Θと9つの英字・数字の2文字(例:X1など)で自由に名前を付けられるローカル変数の36指定できる。
 同じ計算を繰り返すのには申し分ない仕様。欲を言わせればループ命令があればよかったところ。BASICをかじっていれば、カシオのプログラム関数電卓より扱いやすい。
・例:Aに数字を代入
カシオ  ?→A ※fx-5800Pの例
シャープ INPUT A