« 2012年12月12日12時12分12秒 | メイン | 【カシオ】プリン写ルPCP-2100活用事例集~白紙の背景つくり »

2012-12-18

【電子文具】シャープ電子ノートWG-N10発表

 シャープが手書きの電子ノートを発売すると発表した。発売日は平成25年 1月18日。価格はオープン。
Wgn10

 ウェブサイトより画像を引用。
 仕様も同時に引用する。

形名 WG-N10
表示 6型、600×800ドット
外形寸法 幅111×奥行155×厚さ9.9mm
質量 約210g(本体のみ)、約315g(専用カバー、スタイラスペン含む)
電源 リチウムイオン充電池
使用時間 約30日(ノートの記入40分、ノートの表示80分で1日2時間使用の場合)
付属品 スタイラスペン、専用カバー、microUSBケーブル

 最大100冊、1000頁の手書きデータを保存でき、USBケーブル経由でパソコンへ出力保存できる。システム手帳を意識し電子化した商品で、画像を16色ビットマック(白黒)で本体に取り込むことも可能である。このため、発売後はシステム手帳と同様さまざまな罫紙(リフィル)をシャープの商品サイトからダウンロードして活用できる。
 システムは電子手帳、ザウルスの時代に培った手書き機能を取り出し進化させたもの。特に目新しい技術と言い難いが、液晶のシャープがアナログな電子文具に乗り出し、とかくタブレットPC,スマートフォンにばかり関心が向けられる傾向だったが、この商品の登場で電子文具、手書きデータを電子化という新たな方向が生まれた。
 キングジムのマメモ2の液晶があまりにも暗く、見づらい面もあり、電子ノートが欲しかったところであった。実物を見るまでは使い勝手を評価を避けるにしても、マメモの不満、タブレットPCまで不要だと思っている人の購買意欲をそそると確信している。