« 【Windows】さらばXP~サポート終了まで半年を切る。 | メイン | 【鉄道の日】長崎電気軌道168号(明治電車)記念運行。 »

2013-10-12

【カシオ】%計算の例

 

100円の5%増しを電卓で計算するとしたら、ほとんどが100+5%と操作して、105の答えを得ます。日本メーカーに限ればカシオ以外の電卓。それにダイソーなどの100円ショップで手に入る中国製の電卓が当てはまります。
 ところがカシオの電卓で100+5%を実行すると、10桁の場合は、105.2631578を返してきます。故障、それともバグなのかと苦情の電話を入れそうです。電卓の説明書から判断すると、
 ■X+Y% 利益を売価のY%と見込んだ場合、原価X円の売価は。
 の計算を求める仕様に設計しています。カシオ以外の100+5%と同じ結果を得るには、100×5%+の操作をして求めます。考えれば、おもしろい仕様です。100の5%を求めて加えよ。1ステップ多くなります。
 このカシオ式が便利な点は、5%増しの金額と、合計額が求まるところ。応用計算として例示すると、

お見積書

                                                                                                                                                                                                                                               
      

番号

      

 品名

      

単価

      

数量

      

金額

      

コピー用紙 500枚       

300

      

5

 
      

プリンタ用黒インク        

1,500

      

10 

 
      

クリップ500本入り       

100

      

10

 
      

蛍光ペン(黄色)10本1箱        

700 

      

20

 
      

5 

メモ帳1組5冊       

350 

      

10

 
      

電卓10桁       

980 

      

5

 
            

小計

 
            

消費税

 
            

合計

 

 

 この見積書の小計、消費税、合計額を求める時に、小計×消費税%+の方法でいけば、パソコンがない場合でも楽に求まる。カシオの特殊な%仕様は実務計算を考えられて設計したと考えられます。

 この見積書、GTキーがある電卓だと、ステップ数を減らして計算できる、その部分は読者への宿題とします。