戻る
■ 思い出(セリフ入り)2018. 4.24

 孝浩くんをはじめとした三人組、Z組の仲間たちの思い出を、孝浩くんと先生は語りはじめました。Miitomo終了まで2週間、新しいキャラクタと交替が迫ってきました。
 「先生、0点ばかり取って追試の連続、二股と言って冷やかしてごめん。でも、先生は俺に取って目指す人です。将来はきっと先生のような教師になります」
 「孝浩なら、きっとなれるさ」
 孝浩くんはずっと先生を尊敬していました。それを知っていたからこそ、時には厳しく接していました。
 「先生、新しいキャラクタになっても、よろしくお願いします」
 「物語の設定は変わるが、孝浩らしく過ごすんだぞ」
 「はい、先生の期待に応えます」


 仲良し三人組の事実上の主人公である孝浩くん。設定は、3年生から1年生へ。特徴も、0点取り放題、追試ばかりから、成績も慎一郎くんと1番の座を争います。
 追いかけっこはもちろんあります。これがないとおもしろくありません。