原稿の砂場
文字だけのブログの下書き日記。
■ 韓国ドラマ2020.6.19

韓国ドラマ
 高齢の親が韓国ドラマを夢中に見ている。ただし、現代劇ではなく時代劇。

 主に李朝時代の宮廷劇。王様(原語では殿下)と両班の対峙、世子というお世継ぎ問題、お家騒動とお膳立てが日本の時代劇と似ている。変化球として、現代と時空移動するものも作られている。日本の時代劇にも、必殺シリーズの中に時空を移動するものが存在する。

 韓国時代劇も勧善懲悪が基本。悪女を主人公とした張禧嬪は毒を下賜されて終了する悲劇もある。

 面白いと夢中になって見ている韓国時代劇、映像を見ていると1場面を7秒以内で切り替えていることに気づいた。ちょうど、漫画のコマを読んでいるように流れていく。

 これは、小気味よく切り替わっているを意味する。展開にメリハリがつく。メリハリがつけば劇が面白い。主人公は苦労を駆け抜け幸せをつかむテーマで描くことから脚本もしっかりしている。

 ゆえに、李氏朝鮮の歴史を知らなくとも説明しなくとも十分面白い。


CGI-design