原稿の砂場
文字だけのブログの下書き日記。
■ 一般電卓の仕様2021.1.13

一般電卓の仕様
 現在、販売されている一般電卓は以下のような仕様がある。

■a÷b×b=1 (a<b)
 例えば、8桁電卓で、1÷256×256=と操作した場合、1になるかならないかである。CASIOとCASIO以外では異なった答えが出る。端数処理の仕様である。

■オールクリア後のサインチェンジキー
 受け付けるものと受け付けない機種がある。小数点キーを押すと受け付ける仕様がCASIO、全く受け付けないものがCANON、SHARP系は受け付ける。

■定数計算モード状態でのメモリキー操作
 CASIOはメモリと連動している。その他はメモリと連動はしない。

 例
 CASIO
 2××3M+ 表示6
 5M+ 表示10
 CASIO以下
 2×3M+ 表示6
 5M+ 表示5

■負数の開平計算
 CASIO E 数値
  エラー解除可能
 CASIO以外
  E 数値
  エラー解除不可
  E  0.

■定数計算モード
 CASIOは四則演算キーを2度押ししてKを表示させる。

■メモリ消去
 オールクリアでも消去できる機種とMCのみで消去できる機種がある。

■正規品チェック
 CASIOには、AC,1,3,7を同時に押すとCASIOが表示される。古い機種では表示されない。


CGI-design