原稿の砂場
文字だけのブログの下書き日記。
■ ゲームウォッチ40年2020.4.28

ゲームウォッチ40年

 ゲームウォッチ。ひとつのゲームに時計がついたNintendoの携帯用ゲーム機。液晶モノクロに、印刷した背景をつけた。価格も5,000円ほど。大人向けに発売されたと聞く。大人よりも子供が飛びつき、他社からも関連商品が出た。

 中学生の頃、生徒たちの大半がゲームウォッチを持っていて昼休みに遊んでいた。ただし、音切りがなかったため、ポケットに入れていたそれのボタンが触れ、ゲームスタートし、静寂な教室に独特な電子音が響いた。響いたと同時に爆笑が広がった。

 それから40年。Nintendoのゲーム機は、形を変えて登場した。今となって感じることは、マイコン製品で長く使ったのはNintendo製品だった。

 余談になるが、1990年代後半、手のひらサイズキーホルダーつきのテトリスができたゲーム機は、個人的にゲームウォッチの後継機と思っている。


CGI-design