原稿の砂場
文字だけのブログの下書き日記。
■ これが国か2020.5.10

これが国か
 朴槿恵が大統領をしていたころ、大規模な辞任デモにさいに作られた歌。軽快な曲調で、《下野、下野、下野》のいう韓国語読みは印象深く、記憶にも定着しやすい。

 抗議活動のために作られた曲は、子供も覚えやすい曲調と言葉を使っている。子供が歌い出せばしめたものである。それは抗議活動以外にも多用されている。それはCMソングである。

 日本の現政権、絶大な支持をしていても、とっても鈍いスピード感で、10万円どころか《アベノマスク》さえ届く気配もない。

 37.5℃の受診基準を変えた上に、国民の勘違いという旨の発言までする厚労大臣。

 そして、コロナ禍のどさくさ紛れで、検事総長の定年を伸ばす、農業に関わる種苗法を変えようと審議に入ったりと、《これが国か》である。ガンバレ、絆だと言って、不満を言うなという流れが湧く。

 国民と政府がガンバレ、絆だと一丸となって国難に立ち向かえるのは、政府が資金を惜しまず投入し、生活と医療を満たした場合のみ。ケチな現政権はどうだろうか。


CGI-design