HOME何でもない日記[管理]
2021年   11月  
 2021年11月29日(月)   令和3年11月29日
令和3年11月29日 快晴の朝。コロナ禍と五輪開催、集団予防接種、選挙。ワクチンは陰謀だとありったけの陰謀論をかき集めネット発信に一年を費やした人々など。意見を二分して対立している間に政治家は自分たちにおいしいことを決めたがる。
▲top
 2021年11月28日(日)   令和3年11月28日
令和3年11月28日 ホーム最終戦。昇格は来年に持ち越しになっても、ホーム最終戦と次の最終節は、次年につながる攻撃的な攻めで確実に勝ち点3をつかみ取り、気分上々で来期につなげよう。
▲top
 2021年11月27日(土)   令和3年11月27日
令和3年11月27日 すばらしい快晴の朝。風弱く散歩に最適。なぜか天気が良く、快晴の日も麻痺の部分が騒がしい。痛みとこわばり。冬の晴れと夏の高気圧の気圧は冬が高い。神経の傷は気圧に影響される。
▲top
 2021年11月26日(金)   令和3年11月26日
令和3年11月26日 すばらしい快晴。ということは朝はとても寒い。昼間は暖かいから散歩もできる。いやあ、政治家って、自分の懐具合に関わる事柄は真剣になるけど、国民のためにはなると腰の重さは計り知れなく重い。
▲top
 2021年11月25日(木)   令和3年11月25日
令和3年11月25日 一般企業の給料日、次の日はブラックフライデー。1980年代後半株価暴落はブラックマンデーを連想する。この商戦偶数月に障害年金受給している私には無関係である。ガッツも資力も足りない。こう書くとアヤシイビジネスがウヨウヨ寄ってくる。
▲top
 2021年11月24日(水)   令和3年11月24日
令和3年11月24日 どんよりとした曇り空。寒さはまだ続いている。祝日が明けた。平成は12月に祝日があった。令和になって次の祝日は年明けになった。4月29日は名前を変えて残り、12月23日は平日となった。
▲top
 2021年11月23日(火)   令和3年11月23日
令和3年11月23日 冷え冷えとした朝。ついに冬将軍がやってきた。空を見ると冬そのもの。祝日だ外出打と弾けたいところでも不自由な体ではそこにたどり着くまでにもういいや。Instagramに写真載せて自慢合戦がうらやましい。
▲top
 2021年11月22日(月)   令和3年11月22日
令和3年11月22日 雨音で目が覚める。本降りの週明け。雨の日はこわばりが強い。麻痺の部分がお祭り状態。痛みや不調の状態を他人に伝えるのは難しい。10段階の数値で伝える方法もありはする。きょうは5くらいか。
▲top
 2021年11月21日(日)   令和3年11月21日
令和3年11月21日 天気は下り坂。雨のあとは寒気到来。予報はこうなっている。起きると晴れていた。天気予報はハズレたかなと思いきや麻痺の部分が強い。こわばりもきついから雨が迫っていると分かった。
▲top
 2021年11月20日(土)   令和3年11月20日
令和3年11月20日 残り試合もあと3。昇格枠はあと1つ。今日も鮮やかにゴールを決め、鉄壁の防御でクリーンシートと勝ち点3を手に入れて1枠を手繰り寄せよう。サポーターは信じている。
▲top
 2021年11月19日(金)   令和3年11月19日
令和3年11月19日 快晴の金曜日。部分月食が見られそうだ。小春日和も終わりに近づいて来た。来週は冬到来。嫌な季節がやってきた。寒さは麻痺に悪影響を及ぼす。さて、防寒対策を始めるか。
▲top
 2021年11月18日(木)   令和3年11月18日
令和3年11月18日 曇りの夜明け。午後から小春日和というが、朝は寒くて調子が悪い。無理せずと言っても、痛みとこわばりどうしようもない。来週は冬がやって来る予報。いよいよ忍耐の季節だ。
▲top
 2021年11月17日(水)   令和3年11月17日
令和3年11月17日 快晴の朝。放射冷却現象で布団から抜けにくい。寒いと麻痺した部分が騒ぎ出して調子が悪い。麻痺の部分は寒さではなく痛みでわかる。今日も暖かくし、転倒に気をつけて、ゆっくりすごしていこう。
▲top
 2021年11月16日(火)   令和3年11月16日
令和3年11月16日 今日は穏やかな快晴の朝。11月はSDGs特集がしきりに放送されている、省資源、循環型、環境保全、脱二酸化炭素が若者が叫ぶと、大量生産、大量消費、大量廃棄の時代に慣れきった人々にはうるさく聞こえるのだろうか。
▲top
 2021年11月16日(火)   令和3年11月16日
令和3年11月16日 今日は穏やかな快晴の朝。11月はSDGs特集がしきりに放送されている、省資源、循環型、環境保全、脱二酸化炭素が若者が叫ぶと、大量生産、大量消費、大量廃棄の時代に慣れきった人々にはうるさく聞こえるのだろうか。
▲top
 2021年11月15日(月)   令和3年11月15日
令和3年11月15日 11月も残り半分。1年過ぎるのも速い。時間の感じ方はどのような仕組みなんだろうか。長々とした演説そして悩み抜くとは時間がゆっくり流れ、夢中になると急流のように流れる。
▲top
 2021年11月14日(日)   令和3年11月14日
令和3年11月14日 雷鳴が聞こえる本降りの朝。雨の日は麻痺した部分が騒ぐ。痺れこわばり痛みがつきまとうから騒ぐという表現がふさわしい。病気や障害はなったものしかわからない。わからないから理解が必要である。
▲top
 2021年11月13日(土)   令和3年11月13日
令和3年11月13日 残り試合もわずか。逆転昇格かそれとも上位2組に枠を与えるか今日は何としても勝ち点3をつかもう。勝ちを信じて応援すれば選手も奮起して決まるゴール、止める相手のシュート。
▲top
 2021年11月13日(土)   令和3年11月13日
令和3年11月13日 残り試合もわずか。逆転昇格かそれとも上位2組に枠を与えるか今日は何としても勝ち点3をつかもう。勝ちを信じて応援すれば選手も奮起して決まるゴール、止める相手のシュート。
▲top
 2021年11月12日(金)   令和3年11月12日
令和3年11月12日 時雨模様の金曜日の朝。昨日の朝はみぞれ、夜は雷雨。急に冬の寒気が入ってきた。ひと月前の夏日だったとは思えない気候の変化。体が麻痺している私には困った。痛みとこわばりが強いから。
▲top
 2021年11月12日(金)   令和3年11月12日
令和3年11月12日 時雨模様の金曜日の朝。昨日の朝はみぞれ、夜は雷雨。急に冬の寒気が入ってきた。ひと月前の夏日だったとは思えない気候の変化。体が麻痺している私には困った。痛みとこわばりが強いから。
▲top
 2021年11月11日(木)   令和3年11月11日
令和3年11月11日 時雨模様の朝。きょうも朝は寒くて体調があまり良くない。暖かくしてゆっくり過ごそう。ラニーニャ現象が出たとニュースが。今年は寒さからくる痛みとこわばりが悩ましい。
▲top
 2021年11月10日(水)   令和3年11月10日
令和3年11月10日 冷たい雨の朝。ついひと月前は真夏日の日が続いていたと想像できない気温の変化。雨、気温、気圧の変化は傷つけた頸椎の神経に悪影響を及ぼす。気を紛らす手段を講じよう。
▲top
 2021年11月9日(火)   令和3年11月9日
令和3年11月9日 昨日午後は寒冷前線通過で土砂降り。朝起きると雨は上がりひんやり冷たい朝となった。季節は冬に向かって動き始めだした。急に寒くなった。体調にも影響するから気をつけていこう。
▲top
 2021年11月8日(月)   令和3年11月8日
つぶやき日記
令和3年11月8日 最近、既存の日本語が英語由来のカタカナ語かその略語に駆逐されている。月極や定期がサブスク。そして福祉用具がエイジテックへ。この調子でいくとカタカナ語に助詞と助動詞をつないだ言葉に変わるかも知れない。
▲top
 2021年11月7日(日)   令和3年11月7日
令和3年11月7日 今年の試合も数えるほど。前節の鮮やかな勝ち方のように、決めるゴール、つかめ勝ち点3。すべて白星で飾れば見えるその先へ。テレビの前できょうも勝利を信じて応援する。
▲top
 2021年11月6日(土)   令和3年11月6日
令和3年11月6日 小雨の土曜日。来週は寒さが来るとあった。地球温暖化は平均気温が上がって気象が乱れる。選挙前、平均気温が上がって北海道の米がうまくなったと言ってしまった政治家がいたがそうではない。
▲top
 2021年11月5日(金)   令和3年11月5日
令和3年11月5日 11月も5日過ぎた。もう週末が来てしまった。歳を重ねる度に時の流れの速さが増しているように感じている。一番長く感じたのは高校時代。例えると三十代からの10年と高校時代は同じ長さに感じている。
▲top
 2021年11月4日(木)   令和3年11月4日
令和3年11月4日 疫禍は100年前にもあった。歴史を振り返ってみよう。各々歴史書で確認してみよう。政治家に良きに計らえはいけない。またやたらと主張が強すぎたり演説がうますぎるのも注意しよう。
▲top
 2021年11月3日(水)   令和3年11月3日
令和3年11月3日 残り試合も数えるほど。ホームグラウンドを縦横無尽に駆け巡って、守れゴール、決めろゴール。サポーターは信じている。きょうも勝ち点3、残り試合もすべて勝ち点3を収めることを。
▲top
 2021年11月2日(火)   令和3年11月2日
令和3年11月2日 明日は祝日。かつて変則勤務だった部署にいたときは祝日勤務があった。忙しさはそれほど変わらなかったが、安月給だった当時は喜んで出た。祝日給か代休の選択があったから。もちろん祝日給を選んだ。
▲top
 2021年11月1日(月)   令和3年11月1日
令和3年11月1日 残り2か月、疫禍は落ち着いたのように見せていても油断は禁物。喉元過ぎれば熱さ忘れるとばかり空気う飲む遊ぶとばかりで弾けてしまうと、また疫病は再燃する。もうしばらく用心が要りそうである。
▲top
CGI-design