HOME何でもない日記[管理]
2021年   1月  
 2021年1月27日(水)   TAKSUN
TAKSUN電卓

 20年ほど前、ダイソーで購入した単三乾電池を電源とする8桁ポケット電卓。

 TAKSUNのブランドをつけた百均電卓はその後、ノーブランド電卓として色や形を若干変えて売られていた。

 TAKSUNブランドの電卓は検索すると広東省にある会社。ウェブサイトの商品一覧にはCASIO関数電卓と模造品が並んでいる。何と、あのKADIOも扱っている。

 その他、G-SHOCKの模造品、X-CAPTAINをCITIPLUSというブランドでAlibabaに出している。

 世界2位、2020年代終わりはアメリカを追い抜いて1位になるという経済大国となった中国。電卓という製品で見れば、CASIOのパクリを堂々と通販サイトで売っている。かつて日本もモノマネと言われた時代もあった。しかし、いつまでもモノマネではなかった。中国はいつまでもモノマネを売っている。この差がどのようになるかである。
▲top
 2021年1月26日(火)   大きな関数電卓が欲しい
大きな関数電卓が欲しい
 関数電卓は小型軽量どこでも使える。そのためポケットサイズのみ。

 最近、老眼なのか、距離を離さないとボタンの上に刻印された小さな文字が読み取りにくくなった。黒地に赤色の小さな文字は意外としんどい。

 事務用電卓のサイズがあれば見やすく押しやすく老眼にも優しい。需要がないから作らないのは理解できる。

 事務用サイズの電卓は一定程度の需要があると考えられる。まず、限定生産でもいいから出して販売して欲しい。
▲top
 2021年1月25日(月)   KARSON
パクリ電卓メーカーKARSON

 アリババのサイトを覗くとCASIOの模造品関数電卓の見本市である。KARSONと言うパクリ電卓メーカーはアリババかと思ったらフィリピンの通販サイトだった。

 ロゴを見るとごった煮、aはCANONのaだった。製造国は不明であるが、おそらくMade in Chinaではないかと思われる。

 電卓のパクリ具合は、そっくり、ただしポタンの並びが雑というものもある。パクリの質としては低いほうである。

 形状がCASIOの真製品に紛らわしいから、買ってしまう人もいる。作りが安っぽいからCASIOと思い込んで買った人が苦情を言う恐れもある。

 模造品が買わない、作らせない、しっかり見張るに尽きる。
▲top
 2021年1月24日(日)   ワープロ専用機
ワープロ専用機
 ワープロ専用機の製造終了から20年ほど経過した。若い人々は一体何の機械か分からない人もいる。

 現在、動く形で4台所有している。いずれも液晶1〜2行画面、記憶媒体はカセットテープ。デジタル信号をアナログ信号に変換して録音する。

 コンパクトカセットテープは、いまだにノーマルが入手できる。テープレコーダもマイク端子があれば使える。ただし、マイク端子がある安いラジカセは録音できても、デジタル信号に変換をするさいに失敗するものがある。

 印刷に用いるインクリボンについては入手困難になってきている。ただし、感熱紙は製造されているから、印字ヘッドの摩滅しない限り十分に使える。
▲top
 2021年1月23日(土)   キングジムマメモ
キングジム マメモ
 キングジムの電子文具は、テプラが看板商品となってから、様々な商品を出している。10年以上続いたものがテプラとポメラである。

 キングジムの電子文具は目の付け所が良い。使い勝手については、イマイチな商品がある。ネットを使った出資で作り、鳴り物入りの電子ペーパー商品、カクミルとフリーノ。強気の価格設定の割には、商品のレビューがイマイチ。

 製造終了したマメモは液晶のタッチパネルに書く感圧式。動作も早い。先に手帳型TM-2を購入した。

 この手帳型マメモは大ハズレの商品で液晶画面が暗すぎて画面に懐中電灯当てて読めるという素晴らしい大ハズレ電子文具だった。ゆえに、最初のモデルより早く販売終了となった。

 初代マメモを購入。使ってみた。先にこちらを買っておけばと良かった。液晶画面は暗めでも蛍光灯の明かりで充分可読できる。

 消しゴム機能は無いが、ブロックメモに書く場合、ボールペンを使うことから消しゴムはあまり必要としない。この前も同じである消しゴム機能はあまり必要と感じられなかった。

 電子ペーパーを使ったマメモ同等製品カクミルはすでに4,000円台に下がっている。買おうかと思ったが、レビューを読んでマメモにした。
▲top
 2021年1月22日(金)   続KADIOの電卓
続KADIOの電卓

 中国のサイトから購入したものではなく、さまざまな雑貨を扱う通販サイトから購入したもの。KADIOの電卓で売ったとは異なり、大きなまでに大きなボタンで見やすい電卓として紹介していた。

 同じ大きさ価格帯のオーム電機の製品の電卓と比べて何が違うか、それはキーの反応である。

 オーム電機の電卓はキーの反応が良く使いやすい電卓である。

 KADIOはキーは反応が少し鈍い。オーム電機の電卓を使ったあとこの電卓を使うとはっきり感じる。激安電卓だからしかたない面もある。

 模造品ブランドの他の電卓の使い勝手がある程度推定できる。
▲top
 2021年1月21日(木)   100均電卓
100均電卓
 Alibabaからcalculatorを検索すると模造品電卓の他に、どこかで見覚えのある電卓が登場する。ダイソー、セリアキャンドゥなどの100均で売られている電卓である。

 写真が貼れると人気のダイソー150円スケルトン電卓。何回か挟むとすぐ壊れるクリップ型電卓、クッキー型、ピアノ型の筐体を持つ電卓など見つかる。

 例えば、ダイソースケルトン電卓はまとめ買いすると1台約0.6ドルほど。この電卓はいくらでできているか推測できる。

 最近は200円300円500円などの電卓を販売している。もしかしたらダイソーから500円関数電卓が出るのではと思ってはいるがなかなか販売はできないであろう。需要がないそして日本の電卓メーカーの模造品ばかりであるからさすがに輸入しているということは無理である。

 過去、チプカシの模造品をダイソーが300円で売ったということもあるから、CASIO模造品関数電卓をノーブランドとして500円で売るということも考えられる。

 需要があると判断した場合、100均の店頭にノーブランド模造品関数電卓が並ぶかもしれない。
▲top
 2021年1月20日(水)   模造品電卓
模造品電卓
 アリババのサイトから、calculatorを検索語にすると電卓のカタログがたくさん出てくる。

 アリババのサイトには Amazonとは異なり日本の電卓メーカーの電卓はほとんど見られない。主に中国メーカーが製造した日本メーカーの電卓のコピー商品が大量に出品されている。

 ブランド名もCASIOとまぎらわしいブランド名がたくさん出てくる。KADIOはまだ可愛い方で、GASIDとCASIOと誤認させる悪質なものまである。パクリブランドだと言って笑い飛ばす段階ではなくなってきている。

 主にパクられているのはCASIOの電卓である。その他、SHARPやMILANのパクリもある。

 最も悪質なのは、CITIZENフォントを使ったGTTTZENである。これはよく見ないとCITIZEN誤認する。このブランド名でCASIOの関数電卓の模造品を作るとは肝が据わっている。最初から模造品を売るぞという意欲満々である。

 これまでの模造品電卓は、1世代前の関数電卓をパクるという形であったが、パクリの技術も上がり現行品のパクリ作れるようになった。またグラフ関数電卓までパクリの対象になった。中には偽物にOEMとご丁寧につけているものもある。

 これらの電卓はシャレで作ったわけではない。金儲けのため悪意をもって作ったものである。そのため見本写真にブランド名を消しているというものも結構ある。写真だけ流用し写真加工したとも考えられる。

 CASIOの関数電卓だと思って注文しても、もしかしたら届いた商品は全く別物が届いたということも考えられる。

 アリババといえば大きな通販サイトである。電卓という面で見れば、悪意をもって作った模造品の見本市である。ゆえに模造品電卓を野放ししているアリババ自体を信用していない。

 買うことはないであろうが、最近 Amazonでも中国の業者が出品した模造品電卓がちらほら見える。

 悪意を持った模造品であるので買ってはならない。安いからといって模造品に飛びついてはならない。需要と供給関係は絶たないといつまでたっても模造品が出回る。

 一企業が努力しても模造品は止めることができない。そこで登場するのが政治と外交の力である。領土問題や人権問題で中国が一歩も引かないと言うならば、日本メーカーの電卓の模造品をアリババで堂々と売っているのはどうかと問い詰めても良い。果たして、現政権がそこまでできるだろうか。
▲top
 2021年1月19日(火)   千万単位電卓
千万単位電卓
 CANON一般電卓、12桁には《億万千》、10桁電卓は《万千》キーがついています。

 1234億5678万を、千234万5千678万という数詞通り入力も可能です。ただし、この方法で入力するよりも、1.2億、34千のような形式の入力に威力を発揮します。

 その他に次のような計算も千万単位電卓を使うと簡単です。

 1 パーミルの計算
 a÷b×千キー=
 2 ppmの計算
 a÷b×100と万キー=
 ※100万は、小数点キー,1,千キー,万キーでも可能。
▲top
 2021年1月18日(月)   週明け
寒い朝
▲top
 2021年1月17日(日)   電卓の記事
電卓の記事
 電卓の記事の中で計算過程を文章で書いていました。音声入力と推測変換入力は便利そうで不便な点があります。Google音声入力は一旦正しい候補を出しながら、間をおいて誤変換に変わって確定する現象があります。

 電卓の写真を撮って載せれば解決します。しかし、体が不自由な私はなかなか撮りにくいものです。

 何かないかと考えた結果、計算過程は電卓アプリのスクリーンショットを用いることにしました。

 一般から関数電卓までありますからこれを計算過程の表示に使えそうです。
▲top
 2021年1月16日(土)   余り計算電卓
n進数変換
 CASIOあまり計算電卓を用いると10進数からお好きな進数へ変換できます。

■注意点
 10進数を超える場合、算用数字を使い切ったらアルファベットを使います。あまり計算電卓では10進数の値になります。
 0になる桁は人側で補う場合があります。

 それでは828688を16進数に変換します。
 まず、ACを押したあとに《÷余り》キーを押して、《商》を画面表示させます。

828688 ÷余り 16= 51793余り0
余りの0をメモします。

÷余り16= 3237余り1
余りの1をメモします。

÷余り16= 202余り5
余りの5をメモします。

÷余り16= 12余り10

除数が16より小さくなりましたから計算は終わりです。

 最後の商と余り、これまでメモした余りを並べます。

1 最後の商と余り
12,10
2 メモした余り
0,1,5

 上の桁から並べます。1はそのまま並べます。
 12,10
 次に2を逆に並べます。
5,1,0

 結果このようになります。
12,10,5,1,0

 16進数は10〜15まではA〜Fに対応させますから、10以上の数をアルファベットにします。

 これで16進数、CA510と変換できました。7セグメント表示させると、あの有名なメーカーが現れます。

 

▲top
 2021年1月15日(金)   電卓概算計算
概算計算の例
 1光年
 自由空間を光が1年間進む距離。
 光の速度(真空中)
 299,792.458km/s
 1年 365.25日
 1日 86,400秒

 12桁までの一般電卓でそれぞれを掛け算すると、桁あふれエラーを起します。答えが13桁になるからです。

 そこで、最後の1桁まで必要でない場合には、概算を使うことになります。

 桁あふれエラーを出したくない場合は、次のような例で求めます。

1 与えられた数値を万単位にします

 与えられた数値が万以上のものは四捨五入などをするなどして万単位にして揃えます。

光の速度 30万km/s
1日   8.64万秒

2 掛け算します
 答えが94,672.8と表示されます。

3 小数点を億と見なします
 億と見なすのは、結果的に10の4乗×10の2乗=10の8乗になるからです。小数点の位置は10の8乗、つまり億になります。

4 読みにくいなら10,000で割ります。
 10,000で割ると小数点が兆になります。

 これで1光年は、約9兆4672億8000万kmが求まります。
 

 
 
▲top
 2021年1月14日(木)   一般電卓の仕様
一般電卓の仕様
 現在、販売されている一般電卓は以下のような仕様がある。

■a÷b×b=1 (a<b)
 例えば、8桁電卓で、1÷256×256=と操作した場合、1になるかならないかである。CASIOとCASIO以外では異なった答えが出る。端数処理の仕様である。

■オールクリア後のサインチェンジキー
 受け付けるものと受け付けない機種がある。小数点キーを押すと受け付ける仕様がCASIO、全く受け付けないものがCANON、SHARP系は受け付ける。

■定数計算モード状態でのメモリキー操作
 CASIOはメモリと連動している。その他はメモリと連動はしない。

 例
 CASIO
 2××3M+ 表示6
 5M+ 表示10
 CASIO以下
 2×3M+ 表示6
 5M+ 表示5

■負数の開平計算
 CASIO E 数値
  エラー解除可能
 CASIO以外
  E 数値
  エラー解除不可
  E  0.

■定数計算モード
 CASIOは四則演算キーを2度押ししてKを表示させる。

■メモリ消去
 オールクリアでも消去できる機種とMCのみで消去できる機種がある。

■正規品チェック
 CASIOには、AC,1,3,7を同時に押すとCASIOが表示される。古い機種では表示されない。
▲top
 2021年1月13日(水)   SHARP関数電卓
SHARP関数電卓
 最初のパソコン、ワープロ専用機、ポケコン、そして関数電卓、カード型電子メモはSHARPだった。

 SHARPといえば幼いとき、農協の入口にSHARP家電製品の陳列コーナーがあり、小学生の頃まで、レトロな家電製品が並んでいた。ゆえに、SHARP=農協というイメージもある。

 当時、大きな電器店には、SHARPのポケコンや関数電卓がズラリと並んでいた。

 SHARPの関数電卓は、長く愛用していた。会社のオフコン担当部署で16進数を時折使うことがあった。その時、簡単に10-16進数変換ができるSHARP関数電卓が役立った。

 CASIO関数電卓の場合は、モード切替しなくては行けないが、SHARPは2ndFを押したあと四則演算キーを押すだけである。

 現在は、16進数を使うことが皆無。ゆえに現在は入手しやすいCASIOを使っている。

 

▲top
 2021年1月12日(火)   寒い朝
SHARP関数電卓
 最初のパソコン、ワープロ専用機、ポケコン、そして関数電卓、カード型電子メモはSHARPだった。

 SHARPといえば幼いとき、農協の入口にSHARP家電製品の陳列コーナーがあり、小学生の頃まで、レトロな家電製品が並んでいた。ゆえに、SHARP=農協というイメージもある。

 当時、大きな電器店には、SHARPのポケコンや関数電卓がズラリと並んでいた。

 SHARPの関数電卓は、長く愛用していた。会社のオフコン担当部署で16進数を時折使うことがあった。その時、簡単に10-16進数変換ができるSHARP関数電卓が役立った。

 CASIO関数電卓の場合は、モード切替しなくては行けないが、SHARPは2ndFを押したあと四則演算キーを押すだけである。

 現在は、16進数を使うことが皆無。ゆえに現在は入手しやすいCASIOを使っている。

 

▲top
 2021年1月11日(月)   ヤフオク出品の電卓
ヤフオク出品の電卓
 ヤフオクが始まった頃から、怪我で中途障害になる前の10年前までヤフオクを使って昔懐かしい電卓を時折落札していました。

 現在は見るだけです。就労不可で障害年金に頼って万超えの入札は無理。半身麻痺で大きな電卓の操作、収集品の維持管理もきつくなります。

 そこで、画面コピーを使って資料に使うために保存しています。

 《レトロ 電卓》《ビンテージ 電卓》を検索に使うと見たことがない電卓が出品されています。

 その中で分かったことは、現行のプリンタ電卓にはすべて平方根キーはありませんが、1970年代前半のそれには搭載してものがいくつか存在していたことです。

 ヤフオクの競売に参加は難しくなりました。それでも出品の写真で製品の歴史が把握できます。
▲top
 2021年1月10日(日)   理想の電卓
理想の電卓
 講談社ブルーバックス《電卓に強くなる》の著者が理想の電卓をまとめるとこのようになります。

1 定数計算は乗数固定
 定数計算に並々ならぬこだわりがあり、乗算に関しては、被乗数固定は劣ると書いています。

2 メモリは必ず表示された数値を格納
 現在の一般電卓は、このような計算をすると計算された結果がメモリに格納されます。
 例 2×3M+またはM−

 数式通り入力の関数電卓が出る前は一般電卓と同じ方式でした。表示された数値を必ずメモリーに格納するキーが存在しました。
 CASIO Min
 SHARP X→M

 現在、一般電卓にはこのようなキーは備えられていません。

3 %キーは特に必要と感じない
 %は特に必要に感じないと書いていますがただし、現在の一般電卓はほぼ備わっています。

4 平方根キー
 平方根キーがない場合の平方根の計算は手間がかかるとあります。ないとあるのでは計算範囲が違います。

 さて、私はプログラミングして電卓アプリを作れなませんから、腕がある方はぜひ挑戦してみて下さい。
▲top
 2021年1月9日(土)   加算器式電卓
加算器式電卓
 講談社ブルーバックス《電卓に強くなる》加算器式電卓は電卓チェックの表ではバツ印がついています。

 これは本が書かれた1977年当時は、1970年代前半までに作られた電卓がまだ現役で働いていました。その当時は加算器式電卓が主流でした。

 この方式の電卓が全くだめなのかといえば、違って言って、本文中には優劣がないと書いています。慣れも書いていますので、著者も加算器式電卓を使っていたのだろうと推定されます。

 電卓活用書は現在主流の算式通り入力電卓で書かれています。加算器式電卓の活用書は現在のところ、1971年に書かれた《電卓技術教科書》以外見当たりません。この本は回路などの技術書ですから、万人向けとは言い難いです。

 慣れると便利な方式ですから今後も書いていきます。
▲top
 2021年1月9日(土)   きょうの天気
寒い。
▲top
 2021年1月8日(金)   雪景色
寒い朝
▲top
 2021年1月8日(金)   雪景色
きょうは雪景色。
▲top
 2021年1月7日(木)   加算式電卓
加算器式電卓
 CASIO DS-120を用いて説明します。

■アイテムカウント
 ITと刻印されているキー、アイテムカウントの略で、押すと入力件数が分かります。

 この電卓の件数は最大999件です。入力のたびに1件ずつ増えて行きます。(加算カウンタ)。加算の途中で訂正の意味合いで減算キーを押しても1件として加えられます。

 加算器式の高級機には、減算キーを押すと入力件数を1件減らす(減算カウンタ)がついている機種があります。

 加算後、÷,IT,+=を押すと平均が求められます。ただし、この電卓は、ITを2回押すと平均が求められます。

 加算中に何件かを確かめるときはITを押します。続けて加算を続けるときは、Cを押し、数値を入力します。
▲top
 2021年1月6日(水)   理想の電卓
理想の電卓 メモリ機能
 講談社ブルーバックス《電卓につよくなる》§116記憶機能、この中に理想のメモリ機能が示されています。


MC,2×3M+=
 この時、MCを押すと3が記憶できる機種が理想とあります。現在、発売されている一般電卓は、2×3M+を押した時点で2×3=6が実行され6が格納されます。著者によれば3と格納された方が何をメモリに入れたかいつでも分かると論じている。

 一般電卓がこのような仕様になっているかは分かりません。資料が見つからないためです。

 2×3=メモリキーで6を格納するより、2×3のあとにメモリを押すと6を格納するほうが便利ではないかと設計側が考えたのでしょうか。資料がないためわかりません。

 現在の一般電卓には、理想とする電卓は存在しません。従来型の関数電卓に、次のようなまたは機能があれば理想な電卓となります。

SHARP X→M
CASIO Min

 ※従来型関数電卓は日本国内において、SHARPから千円以下で売られいます。

 もし掃除などで古い一般電卓が見つかった、ネットオークションで古い一般電卓を購入した場合、いま説明したキーがあれば著者理想の電卓となります。
▲top
 2021年1月5日(火)   カレンダー
ゼペットカレンダー
▲top
 2021年1月5日(火)   きょうの天気
曇り
▲top
 2021年1月4日(月)   加算器式電卓
加算器式電卓
 引き続き、CASIO加算器式電卓DS-120TWの説明を続けます。

■%計算
 割増割引計算は、CASIOの一般電卓と同じ仕様です。

 例
 100円の10%増し
 100×10% +=
 100円の10%引き
 100×10% −=

 ただし、CASIO算式入力一般電卓での次の計算はDS-120TWでは仕様上できません。

 例
 100円で仕入れた商品を10%の利益をつけて売る場合の値段は。
 CASIO算式通り一般電卓
 100+10%

 DS-120TWではMU/MDキーがあります。CASIO一般電卓に装備されている例は少ないですが、この電卓は、仕様で利益率計算ができるよう備わっています。

 先ほどの例題の計算は、100×10 MU/MDと操作します。
▲top
 2021年1月3日(日)   加算器式電卓
加算器式電卓
 引き続きCASIO DS-120TWを用いて加算器式の説明しましょう。

■乗除計算
 掛け算と割り算は、このようになります。
計算例
 2×3 +=
 この場合、6が入ります。
 2×3 −=
 この場合、−6が入ります。

 −2×−3 +=
 この場合、6が入ります。
 −2×−3 −=
 この場合、−6が入ります。

 −2×3 +=
 この電卓、−6が入ります。
 −2×3 −=
 この場合、6が入ります。
 
 入りますと書いたのは、GTメモリに記憶されるのを意味します。

 GTメモリ装備の電卓と同じ使い方ができます。

 GTメモリつき電卓で掛け算の答えを累積する一般電卓での計算はこのように操作します。
 2×3=
 4×5=
 GT

 DS-120TWはこのようになります。

 2×3 +=
 4×5 +=
 GT

■定数計算モード
 乗除計算は×÷キー2回押しで定数計算ができます。

 例
 2 ×× 3 +=
 の操作後に、
 4 +=
 とすると、8が入ります。
 4 −=
 とすると、−8が入ります。

 例
 2 ÷÷ 3 +=
 の操作後に、
 4 +=
 とすると、2が入ります。
 4 −=
 とすると、−2が入ります。

■べき乗/逆数
 数値××操作後に、+=を押していくと、べき乗が計算できます。
 数値××操作後に−=を押すと、マイナスどうしの掛け算の規則に従います。
 例
 2 ×× −= 答 −4
 −= 答 8
 −= 答 −16

 逆数は、数値÷÷操作後に、+=を押していくと逆数が求まります。
 例
 8 ÷÷ += 答 1
 += 答 0.125
 −=を押していくとこのようになります。
 例
 8 ÷÷ −= 答 −1
 −= 0.125

 今まで説明した動作を利用するとこのような計算ができます。

 −2×−5=10
 操作
 2× −= × 5× −=
 −2×5=10
 操作
 2× −= × 5× +=
▲top
 2021年1月2日(土)   加算器式電卓
加算器式電卓
 電卓黎明期から1970年代初期まで、パーソナルユースの計算器具がそろばんから電卓が主流に直前は加算器式電卓が多数派でした。

 現在は、プリンタ電卓を中心に残っている方式です。少数派となりましたが、電卓メーカーは製造を続けています。ここでは、CASIO DS-120TWをもとに説明します。

■加算器式の仕組み
 1+1=を一般電卓で計算する場合は、そのまま入力します。算式通り入力は可能です。ただし、四則演算の演算子優先はありませんから、加減乗除の混合計算は計算順序を人側で判断が必要になります。

 加算器式は、足し算は+=キーに当たります。引き算は−=キーです。赤いキーになっています。一般電卓の=当たるキーはありません。操作はこのようにします。

 1+= 1+=

 《1を加えて1を加える》という意味になります。引き算キーは《を減じる》という意味になりますから、加減算の計算はこのようになります。

 1+1−2=
 1+= 1+= 2−=

 《1を加えて1を加えて2を減じる》。加減算中心の計算事務では慣れるとこちらの計算が楽になります。

■同じ数値の省略
 この加算器式電卓は、同じ数値の入力を省略できます。

 1+1+1+1−2−2=
 操作はこのようになります。

 1+= += += += 2−= −=
 加減算中心の伝票計算では同じ金額の繰り返しもありますから、この方式が楽になります。
 また、入力を誤った場合も、+=と−=の操作で訂正できます。
 10+20の計算をするのに、20を50と入力してしまった場合。操作はこのようになります。

 10+= 50+= −= 20+=

 数値+= −=と操作することで、その数値は相殺されます。
▲top
 2021年1月1日(金)   初詣
今年はAR。
▲top
 2021年1月1日(金)   ようこそ令和三年
ようこそ令和三年
 令和三年が開けた。COVID19に振り回された、令和2年は、私も振り回された。

 修理のために三菱にしていたクルーズ船の乗組員に集団感染、これは市中感染を食い止めた。一部に、隠蔽や陰謀などと出はしたが、医療関係者の力で止めた。

 4月にかかりつけ医の診察の返り父が熱を出した。マスメディアの煽情的報道でCOVID19罹患者の憎悪が増した。当時、長崎県で18例目を出すなと叫ばれていた。

 発熱は4日自宅療養と言った寝ぼけたキャッチコピーを出した専門家有志、かかりつけ医は受診拒否、偏見差別を恐れて、大学病院に運んだときは手遅れだった。結果的に政府、マスメディア、専門家有志から殺されたことになる。

 無策無能な自公連立政権は、マスク2枚配って終わろうとした。後に給付金配っても後手後手。それでも自民党を翼賛しネットに出てくるいわゆる《ネトウヨ》は、《核心階層》、つまり、おこぼれをもらえる《上級国民》の仲間入りに入りたいのであろう。

 自民党やネトウヨが望む《美しい国日本》は、ネトウヨが忌み嫌う中国共産党とベクトルは同じである。国民は臣民であり、それぞれの君主にひれ伏し、思考停止が求められる。

 日本も権力を縛る現行憲法から欽定憲法の時代に戻そうと改憲に躍起である。改憲案は国民を縛るためのものである。

 自民党も中国共産党も一番恐れていることは、国民が政治に対して考え発言し行動されることである。そのために、愛国心をくすぐり、権力て抑え込みたいのである。

 ようこそ令和三年。疫禍は続くが国民が賢くなれば、疫病も悪政も退散できる。もう、お任せやなるがままではいけないのである。
▲top
CGI-design